突然首にボツボツができてびっくりしてしまった人もいるでしょう。老化現象のひとつになり、増えることが多いですので、目立ってしまうのがデメリットです。

できる原因を知ることで、目立ちにくい肌ケアをすることができます。

右手の小指にできたイボを除去する

原因は摩擦?

基本は新陳代謝が低くなり、肌のターンオーバーが正常にならずに、皮膚と脂肪が隆起することによって起きます。ただそのような肌環境で刺激を与えることによって、摩擦が起きやすくなることがわかっています。

服やアクセサリーが擦れることによって、首イボができやすくなります。

摩擦を防ぐことは難しい

摩擦が刺激となって首イボができやすくなると言われても、それを改善するのは難しいでしょう。アクセサリーを付けない生活をすることも可能ですが、女性であればおしゃれの一環になりますので難しくなります。

また服もその要因になりますが、服を着ない生活こそ考え得ることができません。よって予防は難しくなります。

保湿で改善を

摩擦を生みやすいのは乾燥をしているからでもあるでしょう。だからこそ保湿をすることによって、刺激を与えにくい肌にすることが可能です。

スキンケアの基本は保湿と言われていますが、首イボでも有効的な手段になるでしょう。

基本はアンチエイジング

ただ刺激を予防するだけでは物足りないのが首イボ予防です。要因は新陳代謝の低下になることから、アンチエイジングは欠かせない予防策です。

できないようにすることが重要

できないようにすることが大切です。日頃から首回りのスキンケアを怠らないようにしましょう。首は年齢が出やすい場所ですので、首イボ対策を行うだけでも若々しさを取り戻すことができるでしょう。

30歳を超えてからしておきたいスキンケアです。